リフォーム通信 社長BLOG

2015.02.28更新

最近、ありがたいことに休みがとれないほど忙しくさせていただいております・・・

趣味の城巡り(山城含む)は全く行けない状況で少しストレスが

本日、朝の打合せと昼からの打合せの合間に調布市にある<深大寺城>へ登城してきました・・・

ここは土塁・空堀などの遺構も残っており、少し息抜きになりましたgawk

来週7日に小田原城の御用米曲輪現地説明があるとのことなのでそれは何とかして行きたいと思っております















投稿者: シーダークリエイト株式会社

2015.02.26更新

表題の質問の回答をYahoo知恵袋より引用させていただきます。

ご参考にしてください・・・


<回答>

建築関係の仕事をしている者です。

工事内容はわかりませんが、業者選びに少し触れさせていただきます。

大手ハウスメーカーに依頼しても、一般の建築会社に依頼しても仕上がりに関しては大差は無いと思います。
内容については少しだけ後で説明します。
目に見えてわかる大きな違いは金額ですが・・・。

耐震に関しては地域の建築会社や、工務店でも設計や施工が出来る会社はいくらでもあります。
各市町村の役場に問い合わせるとリストをくれます。

会社の知名度から業者選びをする人は大手ハウスメーカーに依頼する事が多いようですが施工はほとんど下請け業者が行います。
一部のハウスメーカーは下請業者に「丸投げ」です。

直接施工しない会社に依頼すると、人件費、材料費、経費、すべてに金額が上乗せされます。

某ハウスメーカーは独自の見積もり方法が有り、(坪数や㎡数より算出する方法)
実際の工事内容から細かく見積もりしません。

普通の建築業者は打ち合わせ内容や、希望をまとめ、わかるかぎりの現状調査をし、ある程度の図面を書き、各業者から見積もりを取り、それをまとめて御施主さんに提出します。



注)以下はあくまでも1つの例として書きます。全てがこの通りではありません。

会社名は書けませんが、大手ハウスメーカーは(元請け)
棟梁と呼ばれる責任者(普通の大工さん)に一括して仕事を渡します。(下請け)
その棟梁がそれぞれの業者を連れてきます(孫請け)
そこで止まれば良いですが、たまに孫請け業者が
「ひ孫請け」という関係になる業者を連れて来る事もあります。

工事予算としては、元請けは自分の会社の取り分を先に取り下請けに渡します。
(例:予算1500万から2~3割、またはそれ以上。経費、管理費以外にも有ります・・・。)
下請けはそこから自分の取り分を引いた金額を割り振り孫請けに渡します。
この時点で孫請けとなる業者にはギリギリか、それ以下の予算になってしまいます。
ひ孫請けになったら悲惨なものです。

各業者が赤字にしたくない為に取る行動は、
1.材料の質を下げる。
2.人件費をかけない為に走った仕事をする。
3.安く使える人間を連れてくる
等、工事自体の質が下がってしまいます。

結果、仕上がりに差は無くても、内容に大きな差が出ます。

そんな工事では無駄になってしまいます。
無駄なお金を使うくらいなら、リフォーム後に買い替える家財道具や家電品にまわした方がお金を無駄にしません。

これはリフォームだけでは無く、新築でも同じような事が有ります。
「大手ハウスメーカーだから安心」とは一概には言えません。



それでもブランド志向の人は、大手ハウスメーカーに工事依頼する傾向があるようです。

私は修行時代に、家はその地域の大工が一番良く知っていると教えられました。
熱い地域、湿気が多い地域、雪が多い地域、それぞれの地域で仕事をしてきた職人さん達のノウハウは素晴らしい物が有ります。

他の会社からの見積もりは取られたのでしょうか?
もし、取っていないのでしたら何社か見積もりを取って比較される事をお勧めします。
その家を建てた大工さんか建築屋さんからも見積依頼した方が良いと思います。


長々と書きましたが、説明が下手ですみません。
少しでも参考になればと思い書きました。
大金を使って大切な財産を工事する事になりますので、後悔しないように十分納得してから契約して下さい。
良い改修工事になるといいですね。

投稿者: シーダークリエイト株式会社

2015.02.21更新

私が何度か投稿させていただいておりますので弊社のお客様や弊社にお問合せいただいた方はご存じだと思いますがまだ知らない方も大勢いますので再度投稿させていただきます。

平成29年までにバリアフリーリフォーム・省エネリフォーム・耐震リフォームをされた方は条件を満たせば、バリアフリー減税で最大20万、省エネリフォーム減税で最大25万ほど翌年の確定申告後に所得税の還付を受けることができます。

一例をあげますと都内在住52才年収900万、4人家族のAさんが80万ほどかけてバリアフリータイプのユニットバスにした場合ですが翌年の確定申告での所得税還付金は20万円。
そうしますと実質、60万でリフォーム工事をしたことになり、大変お得ですということです。

ただし、リフォーム会社の選別する際に注意が必要です。
ご依頼するリフォーム会社が設計事務所登録をしていないとダメです。なぜかというと、確定申告の際にリフォーム会社から<増改築等工事証明書>を発行してもらう必要があります。<増改築等工事証明書>は設計事務所登録会社の建築士が書く公的書類になります。
ですから近所の水道屋さんや工務店さんなどではこの書類が自社で発行できないので外部の設計事務所に依頼することになります。そうすると10万ぐらいは請求されますので水道屋さんや工務店さんはこの話をしてくれません。

バリアフリーリフォーム(特にお風呂)・省エネリフォーム(主に内窓)・耐震リフォームは設計事務所登録をしているリフォーム会社を選びませんと大損しますのでご注意ください。

投稿者: シーダークリエイト株式会社

2015.02.14更新

昨日、江東区大島にあります元トステムショールーム、現在LIXIL研究施設で実施された2015年LIXIL新商品発表会へ参加してきましたtrain

今回は高級システムキッチン<リシェル>がモデルチェンジし、<リシェルSI>と名を変え、より高級感が増し発売されます




大きな特徴はカウンターに<セラミック>が新たにラインアップされた点、上記の写真では分かりづらいので4月発売後にぜひお近くのLIXILショールームでご確認を・・・
(ちなみに世田谷区上用賀にありますLIXIL世田谷水まわりショールームにはこれと同じものが展示予定とのことです)
あともう一つはステンレスパーツの質がさらに向上、ステンレスキッチン=クリナップの認識が変わるかもしれませんgood
その他、いろいろありますがご興味ある方はお近くのLIXILショールームへ

戸建用ユニットバス<キレイユ>がリフォーム用<リモア>と新築用<アライズ>に分かれます




その他水まわりですと<プラズマクラスター>を従来のサティス以外にも全種類のトイレにオプション設定された点がすばらい・・・
数ある<除菌>対応でも<プラズマクラスター>が一番優秀ではないかと私個人は思っていますので個人的にとても嬉しいニュースですdelicious




洗面、その他のタイル建材・外壁・太陽光・エクステリア商材などたくさん新商品はありますが商品数が多すぎで覚えられません・・・・

LIXILだけで建築材料すべてが調達可能になる日も近いと感じた1日でもありましたend









投稿者: シーダークリエイト株式会社

2015.02.04更新

今年はリフォーム減税+省エネ住宅ポイントでお風呂や断熱窓がたくさん売れるはずです。

一昨日から昨年弊社でリフォームしていただいたお客様へ増改築等工事証明書を作成していて、もの凄いことに気づきました。

練馬区のO様、昨年4月に税込90万ほどかけて1116サイズユニットバスから1316ユニットバスへ<一部、境界壁移設>で減税額が約19万、昨年までですと工事費の10%(9万)か15万の安い額でしたので驚きました。

省エネ減税は最高25万

両方とも省エネ住宅ポイント併用可能、今年は間違いなく昨年より2~3割増しでユニットバス+断熱窓が売れます・・・

上記の話は勿論、わが社で施工した場合です、建築士事務所でないところはできませんので、東京・神奈川の方はお声かけてくださいね

http://www.refonet.jp/.../tax_reduction/tax_barrierfree01.html
http://www.refonet.jp/csm/info/type/eco.html



先ほどの例で仮にO様が弊社と違うリフォーム屋さんで同等金額で同じ工事をした場合、弊社では実質約70万ほどの負担で可能(省エネリフォームポイントは含まない計算で)、違うリフォーム屋さんだと90万、同じ内容で同じ金額でも実質約20万もお得です。

その20万で違うリフォームも可能です。

わが社が何でこれほどユニットバスやシステムキッチンなどの水まわり商品や断熱窓を施工できるかというとこれもひとつの理由なんです。

投稿者: シーダークリエイト株式会社

2015.02.01更新

2014年1月~12月の期間で弊社でリフォームいただいたお客様でリフォーム減税対象者様に随時<増改築等工事証明書>を発送させていただきます。
2月10日までには全員の方に届く予定ですが万が一、該当者のお客様で未達の場合はお手数ですが弊社までメールまたはお電話でご連絡、お願いいたします。
120名強、いらっしゃいますので2月10日まではお待ちください。
どうぞよろしくお願いいたします。

また、この場をお借りして先般投稿させていただきましたが2014年LIXILリフォームコンテスト東京南エリアにて3年振りに1位になり、またコンテスト初参加後5年連続入賞させていただくことが出来ました。これも日頃からお世話になっておりますお客様のおかげとスタッフ一同、心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。今後ともどうぞ<シーダークリエイト>をよろしくお願い申し上げます。

投稿者: シーダークリエイト株式会社

entryの検索

カテゴリ

staff staff blog