リフォーム通信 社長BLOG

2015.10.16更新

最近、過去に別の箇所をリフォームして失敗した方から今回は弊社にご依頼いただくケースが非常に増えております。

理由としては以前リフォームした会社が約束した通りに完成しなかった、担当者が素人同然で工事が始まってからトラブル続きだった、事前の経験不足による説明不足でストレスが溜まったなどいろいろな理由がありますが素人同然の担当者でのトラブルというのが一番多いですね。

あるリフォームサイトでの大手リフォーム会社さんへのお客様の生の声をコピペしましたのでご参考にしてください。
<各作業の管理が適切に実施されていない為、作業工程に遅延が発生。引渡しが延べ4日遅れてしまった。 遅延の主な原因は給湯器、システムキチンの誤手配(一度手配された物が設置できない物で再発注となった)、バス・給湯器の設置ではドレイン装置が未装着だった事が引渡し日に発覚、更に防水パンが小型過ぎて洗濯機の排水ホースが排水管に装着不可の状態、又洗濯用蛇口が未交換であった(どちらも最終日に発覚)これらの理由により延べ4日遅延となり大いに不満であった。>

私から言わせるとこんなことはあり得ない話。
お客様はご依頼される際は担当者のレベル・人間性などもきちんと考慮して、リフォームのプロに依頼してください。
そのような会社・担当者を探すのはリフォームサイトのお客様評価などを参考にしてみて、実際担当者と会って話をしてみてください。(信頼できる方の紹介でも必ず担当者に会ってレベル人間性の確認は必要です)
それが一番間違いないです。



投稿者: シーダークリエイト株式会社

entryの検索

カテゴリ

staff staff blog